outlook2013

  • 新規メールアドレス追加設定(初めて起動する場合)はこちら
  • 新規メールアドレス追加設定はこちら
  • 既存メールアカウントの確認はこちら
  • サーバーにメッセージのコピーを残す場合はこちら
  • SSL3.0脆弱性対策による暗号化通信の変更はこちら

 

 

【新規メールアドレス追加設定】(初めて起動する場合)


Outlook2013を起動します。outlook2013_logo

 

初めてoutlook2013を起動する場合は、下記の画面が表示されます。
(下記の画面が表示されない場合はこちらに進んでください)

outlook2013_1

 

[自分の電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)]を選択し、[次へ]をクリックします。

outlook2013_2

 

[POPまたはIMAP]を選択し、[次へ]をクリックします。

outlook2013_3

 

空白箇所に入力します。入力内容は下記をご参照ください。
メールサーバーはSSLなし/ありによって入力内容が異なります。いずれかを選択の上、入力してください。

outlook2013_4

 

【SSLなし】

名前 お客様のお名前
電子メールアドレス メールアドレス
アカウントの種類 POP3
受信メールサーバー mail.ドメイン名
送信メールサーバー mail.ドメイン名
アカウント名 メールアドレス
パスワード メールパスワード

※[メールサーバーがセキュリティで保護された...]の箇所はチェックしません

 

【SSLあり】

名前 お客様のお名前
電子メールアドレス メールアドレス
アカウントの種類 POP3
受信メールサーバー(SSL対応) ご利用サーバー名.nlrs.jp
送信メールサーバー(SSL対応) ご利用サーバー名.nlrs.jp
アカウント名 メールアドレス
パスワード メールパスワード

※[メールサーバーがセキュリティで保護された...]の箇所はチェックしません

 

上記の入力が終わったら、[詳細設定]をクリックします。

outlook2013_9

 

送信サーバータブを選択し、[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]にチェックをします。
[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]を選択します。

outlook2013_5

 

次に詳細設定タブを選択し、サーバーのポート番号を確認します。
ポート番号は、設定したメールサーバーにより異なりますので下記表にてご確認ください。

 outlook_port

設定したメールサーバー 受信サーバーポート番号 送信サーバーポート番号
mail.お客様ドメイン名 110 587
ご利用サーバ名.nlrs.jp 995

[このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要]にチェック

465

[使用する暗号化接続の種類]の個所は、SSLを選択します

入力が完了したら、[OK]をクリックして画面を閉じます。

 

【重要!】

SSL3.0脆弱性対策によりSSL3.0停止後は、使用する暗号化を「TLS」に変更してください。

outlook2013_tls

 

下記の画面に戻りますので、[アカウント設定のテスト]をクリックします。

outlook2013_10

 

設定が正しければ状況の欄に、「完了」を表示されますので、[閉じる]をクリックします。

outlook2013_7

 

point11_8

「受信メールサーバーへのログオン」でエラーが出る場合 
  → 受信メールサーバーが正しく入力されているかをご確認ください

「テスト電子メールメッセージの送信」でエラーが出る場合
  → 送信ポート番号をご確認ください

 

 

 

以上で、メールアカウントの設定は完了です。[完了]をクリックしてください。

outlook2013_8

 

 

新規メールアドレス追加設定


outlook2013を起動したら、[ファイル]をクリックします。

outlook2013_11

 

[アカウント設定]アイコンの中にある[アカウント設定]をクリックします。

outlook2013_12

 

電子メールタブの中にある[新規]をクリックします。

outlook2013_13

 

[電子メールアカウント]を選択し、[次へ]をクリックします。

outlook2013_14

 

以下の操作はこちらをクリックしてください。

 

 

【既存メールアカウントの確認】


outlook2013を起動します。

[ファイル]をクリックします。

outlook2013_11

 

[アカウント設定]アイコンの中にある[アカウント設定]をクリックします。

outlook2013_12

 

変更したいメールアカウントを選択した状態で、[変更]をクリックします。

outlook2013_15

 

アカウント変更画面が表示されます。
メールサーバー、アカウント名、メールパスワードが正しいかご確認ください。
ポート番号等の確認は、右下の[詳細設定]をクリックしてください。

outlook2013_16

続いてこちらをクリックし、ポート番号等の設定確認を行なってください。

 

 

【サーバーにメッセージのコピーを残す設定をする】


 outlook2013を起動します。

[ファイル]をクリックします。

outlook2013_11

 

[アカウント設定]アイコンの中にある[アカウント設定]をクリックします。

outlook2013_12

 

変更したいメールアカウントを選択した状態で、[変更]をクリックします。

outlook2013_15

 

アカウント変更画面が表示されます。
メールサーバー、アカウント名、メールパスワードが正しいかご確認ください。
ポート番号等の確認は、右下の[詳細設定]をクリックしてください。

outlook2013_16

 

[詳細設定]タブをクリックし、設定を行なってください。
outlook2013_17

サーバーにメッセージのコピーを置く チェックします
サーバーから削除する 任意の日数を入力してください
※最大30日までとしてください

 入力が完了したらOKをクリックします。

他にポップアップ画面がでていたら、すべて[OK]をクリックし閉じてください。

パーマリンク