GoogleCromeの非SSLサイトの警告強化について

■2018年7月 Chrome68

非SSLサイト警告が始まりました。

■現在 Chrome69

SSLサイト:「保護されています」表記は無くなり、灰色の鍵アイコンだけになりました。

非SSLサイト:Chrome68 と同様に「保護されていない通信」と表示されます。

■2018年10月 Chrome70

SSLサイト:灰色の鍵アイコン

非SSLサイト:Chrome68 と同様に「保護されていない通信」と表示

さらに入力フォームに文字を入力した瞬間に
保護されていない通信」と赤に変わります。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/07/marking-HTTP-as-not-secure.html

※フォームへの1文字目の入力と同時に”赤表記” になりますので、サイトの印象への影響大です。

■推奨

高額な証明書を導入しなくとも、無料SSLの自動更新についても既にサービスしております。
この機会にご活用ください。

無料SSL Let’s Encrypt 自動更新対応

※記載の注意事項は十分にご理解ください。
弊社サイトおよびサービスサイトは、この無料SSLでSSL化しています。

https://www.netlaputa.jp/
http://srv.nlrs.jp/

※既に、有料のSSL証明書で運営されているサイトの無料SSL切り替え
につきましては support@nlrs.jp 宛てにご相談ください。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク
Netlaputa レンタルサーバー

NetLaputaサポートチーム

〒141-0031
東京都品川区西五反田1-32-11
恒信ビル2F
ネットラピュタ株式会社

お問合せはこちら

TEL:03-6821-0303
(受付時間 平日10:00~17:00)

FAX:03-5759-5234